自分の知っている世界は小さい。まだ足もおぼつかない幼い頃は、家の周りが全てだった。おしゃべりしたのは家族やご近所さん。すでに車を運転できる年は過ぎたけれど、どこへでも行けるわけじゃない。世界には肌の色や言葉や考え方の違った人がいる。それは世界が広いという証。だからいろんな所へ行って大勢の人と出逢い、感性を刺激したい。それが、自分の世界を大きくすることなのだから。

気ままな旅行記です。どうぞ読んでやってください。(不定期更新)

関連記事

ランキング

アーカイブ

チャレンジ25キャンペーン
カエル!ジャパン
チーム・マイナス6%
ページ上部へ戻る